お知らせ

2018年1月7日 祭事レポート:八咫烏神事

1月7日(日)17時より、当社拝殿で八咫烏神事が執り行われました。   「熊野牛王神符(くまのごおうしんぷ)」は、カラス文字で書かれた 熊野三山(本宮・新宮・那智各大社)特有の御神符です。当社の熊野牛王神符は、 八十八の […]

»続きを読む
2018年1月1日 宮司の新年挨拶

新年、明けましておめでとうございます。 本年、熊野本宮大社は御創建二千五十年の節目の年を迎えました。 昨年末の大筆書きでは「叶(かなう)」の一文字を納めさせて頂きましたが、 御創建二千五十年の各行事を無事完遂することは、 […]

»続きを読む
2018年1月1日 祭事レポート:歳旦祭

1月1日午前6時より、本殿前で歳旦祭が斎行されました。 早朝にも関わらず大勢の初詣客が訪れ、宮司による祝詞奏上や巫女舞奉奏、 玉串奉奠などが厳かに行われました。 年頭にあたり、皇室や国、国民の繁栄と平穏を祈る歳旦祭は、全 […]

»続きを読む
2017年12月26日 一文字揮毫、来年は「叶(かなう)」

12月26日午前10時より、本殿前で第9回大筆書き行事が行われました。 来年はこのような年であってほしいという想いを込め、宮司が一文字の大筆書きを行います。 大勢の参拝客が見守る中、縦横2.9mの白布に90㎝の大筆を使い […]

»続きを読む
2017年12月15日 新年「戊戌」の色紙づくり

12月15日(金)九鬼宮司が、来年の干支である「戊戌」の色紙4,000枚を謹製する様子を 披露しました。色紙は手書きのものと、手書きの図案を印刷したものがあり、いずれも 新年より始まる「御創建二千五十年」の文字が書かれて […]

»続きを読む

コラム

月見岡神社の例祭と石仏
column
月見岡神社について 月見岡神社は、「熊野古道 大日越え」の中腹にある熊野本宮大社の境外摂社です。 石祀に天 ... 続きを読む

口熊野、田辺の梅
column
南高梅と古城梅 熊野への入り口、口熊野と称される田辺は梅の産地として有名です。 全国的に知名度の高い南高梅 ... 続きを読む

一遍上人と熊野本宮大社
column
熊野権現のお告げ 一遍上人(1239~1289)は、鎌倉中期から室町時代にかけて日本全土に広まった浄土系 ... 続きを読む

聖地熊野
column
よみがえりの聖地「熊野」 熊野は「よみがえりの地」と言われてきました。 古来より日本では、人々が生活を営む ... 続きを読む

熊野古道の歴史
column
「熊野詣」とは、熊野三山(熊野本宮大社・熊野速玉大社・熊野那智大社)を参詣することです。平安時代、宇多 ... 続きを読む

熊野牛王神符
column
熊野牛王神符「オカラスさん」 俗に「オカラスさん」とも呼ばれる熊野牛王神符(牛王宝印)は、 カラス文字 ... 続きを読む

八咫烏について
column
八咫烏について 八咫烏とは、当社の主祭神である家津美御子大神(素盞鳴尊)のお仕えです。日本を統一した神武天皇 ... 続きを読む

・当社の参拝時間は午前6:00~午後7:00となっております。
・車椅子の方は専用通路をご案内致します。社務所までお申し出ください。
・ペットを連れてご参拝される場合は、抱きかかえて他の方のご迷惑にならないよう充分ご注意ください。