トップページ > 八咫烏ポスト

 

八咫烏ポスト

八咫烏ポストと葉書の木

八咫烏ポスト絵馬当社の社務所前にある、多羅葉たらようのご神木の下に、黒い八咫烏ポストが設置されています。
黒は全ての色を合わせた尊い色であり、神の遣いである八咫烏の色、本宮の大地を象徴する神聖な色でもあります。また多羅葉の木は、葉の裏に爪などで文字を書いていたことが葉書の語源となり「葉書の木」「手紙の木」とも呼ばれています。

社務所では、平成21年に復活した音無紙(熊野の手漉き和紙)で作られた葉書や、葉書として投函できる八咫烏ポスト絵馬を販売しております。

昨今は通信手段が発達し、葉書や手紙を書く機会が減ってしまいましたが、やはり、心のこもった手書きのお便りは嬉しいもの。また、手紙を書くことは自分自身を振り返り、人と人とのつながりの原点に立ち返る良い機会でもあります。
聖地熊野から、大切な方やご自身へお便りを出されてはいかがでしょうか?

八咫烏ポストから手紙を出される場合には、社務所で「出発の地より心をこめて 熊野本宮」というスタンプを、押印いたします。お気軽にお声掛けください。

★八咫烏の記念消印について★
御創建2050年を記念し、平成30年4月11日~12月31日の期間中、八咫烏ポストにご投函頂いた
郵便物(通常はがき・定形郵便物・一部の定形外郵便物)に、八咫烏の消印を押印いたします。
ご希望の方は必ず『小型印押印希望』と郵便物にご明記の上、八咫烏ポストにご投函ください。
※郵送での押印依頼、郵便局窓口、および熊野本宮大社での押印は行っておりません。
※年賀状への押印は行っておりませんので、ご了承ください。