トップページ > 祭事レポート:節分祭・追儺式(ついなしき)

祭事レポート:節分祭・追儺式(ついなしき)

2月3日(土)節分の日、当社では鬼に象徴される厄を祓い、招福を祈願する
節分祭・追儺式(ついなしき)が行われました。

 

まず、拝殿にて16時より行われる追儺式で、厄年の方々がご祈祷を受けます。
その後、金棒を手にした赤鬼と青鬼が「ウオー!」と迫力ある雄叫びをあげながら、
拝殿の回廊を3度回り、後ろから神職と巫女、ご祈祷を受けた方々が「鬼は外、福は内!」
の掛け声と共に豆まきをしました。続いて拝殿前で、鬼と最後の豆まき対決が始まります。
鬼は手強くなかなか退散しませんでしたが、九鬼宮司が、魔除けの力を持つ桃の木で
作られた3本の弓矢を放ち、無事追い払うことができました。
その後、神職とご祈祷を受けた方々が餅まきを行い、境内は福を求める大勢の人で賑わいました。