トップページ > 祭事レポート:八咫烏神事(やたがらすしんじ)

祭事レポート:八咫烏神事(やたがらすしんじ)

1月7日(土)17時から拝殿で行われた八咫烏神事は、神門前に飾られた門松で
「熊野牛王宝印(くまのごおうほういん)」を調製し、火と水で祓い清め、
祭神の魂が吹きこまれる祭典です。

宝印は通常、熊野牛王神符の中央に押印されます。しかし、押し初めの儀である
この神事では、宝印のみの貴重な「白玉宝印(しらたまほういん)」が授与されるため、
全国から毎年約200人の参拝者が訪れています。
今年は土曜日だったため、さらに大勢の参拝者で賑わいました。

01top_r1_c1
 【熊野牛王神符】

夕闇が迫る中、厳かに神事は始まり、松明の火と水によって熊野牛王神符が清められます。
御柱押印の儀では、暗闇の中、禰宜が正面左手の柱に「えーいっ」という気合と共に3度押印し、
神に本年の印を奉告しました。

img_3926 img_3948 

神事の後、参拝者が宝印を手のひらに持った半紙に受けます。
神職は「えーいっ」という掛け声のもと、全力で宝印を半紙に押し当て、
参拝者も負けじと一生懸命手のひらでそれを受けていました。

img_3956 img_3957

img_3967 img_3971