トップページ > 新年祭(12月31日~1月15日)のご案内

新年祭(12月31日~1月15日)のご案内

◆12月31日
午後4時 師走大祓式:1年の下半期の様々な罪・穢の一切を落とし、心身を祓い清める祭典です。
午後5時 除夜祭:1年間の加護に感謝し無事に新年を迎えるように祈念する年の最後の祭典です。

◆1月1日
午前2時~4時 開寅祭:宮司が年に一度、本殿の各御扉を開き天下泰平・国家繁栄を記念する祭典。
※古来よりこの刻に詣でることを開寅詣といい、心願成就が約束されるといわれています。
午前6時 歳旦祭:年の初めにあたり、皇統繁栄・五穀豊穣・国民加護を記念する祭典です。
午前8時 崇敬者念頭祈願祭:全国の崇敬者からお申し込み頂いた諸願成就の祈祷を行います。

◆1月2日
午前10時 交通安全祈願祭:陸上・海上交通の守護神である祭神に、交通安全を祈念する祭典です。

◆1月3日
午前10時 元始祭:皇位の元始を祝い、宝柞長久を祈念する祭典です。

◆1月7日
午後5時 八咫烏神事:熊野牛王神符を火と水で祓い清め、宝印に魂を吹き込んだ後に、宝印の
押し初めを行う祭典です。参列された方のみに、白玉牛王という特別な牛王神符が頒布されます。

 

◆1月14日
午前10時 船玉祭:別名舩玉大明神と称され、漁業や造船関係者の崇敬を集める祭神に、
海上安全・大漁満足を祈念する祭典です。

◆1月15日
午前10時 御粥祭・成人祭:寅の刻に調製した粥食を献じ、本年の青年男女の多幸を祈念します。