トップページ > 式年大祭(一)本殿祭

式年大祭(一)本殿祭

4月15日午前9時より、御社殿前で本殿祭が始まりました。
こちらは御祭神の徳を称え、国家安泰を祈念する神事であり、式年大祭の中核を
なす最も重要な祭典です。
三笠宮彬子女王殿下をお迎えし、祭典では、雅楽師 東儀秀樹様による奉納演奏
が行われ、笙(しょう)と篳篥(ひちりき)の美しい音色が境内に響き渡りました。
続いて、俳優の今野誠二郎様による神楽「熊野」の男舞が奉奏され、
雅楽の美しい調べと、凛々しい男舞で祭典に華を添えて頂きました。

 
 

9時半からは彬子さまの玉串奉奠が行われ、その後、参列者の皆様による玉串奉奠が
行われました。
祭典後、九鬼宮司より「御創建二千五十年式年大祭に、三笠宮彬子女王殿下
のご参列を賜りましたこと、また過去最高の900名という大勢の皆様にご参列頂いたことは
歴史に刻まれる出来事であり、心より御礼申し上げます。
現在、二千五十年の推進協議会を立ち上げ、熊野のすばらしさをより多くの皆様に発信したい、
という想いをもった37の諸団体が応援して下さっております。『天地音取』という素晴らしい
調べを御奉納頂いた東儀秀樹様、お力添えを頂いた皆様に深く感謝申し上げます。」と挨拶が
ありました。