トップページ > 大筆書き、平成29年の一文字は「励」

大筆書き、平成29年の一文字は「励」

12月28日午前10時より、第8回大筆書き行事が本殿前で行われました。
来年はこのような年であってほしいという想いを込め、宮司が一文字の大筆書きを行います。
参拝客が見守る中、縦横2.9mの白布に90㎝の大筆を使い、気合を込めて書き上げたのは、
「励(はげむ)」の一文字でした。

img_3748 img_3756

九鬼宮司は「励という漢字は、万の力と書きます。お互いに励まし、励まされることで力を頂き、
大きな和が広がってほしい、という想いを込めました。」と語りました。

この書は1月1日~3日まで社務所前に、その後、拝殿前に1年間掲げられますので
ご参拝の折にはぜひご覧ください。